ベビーシッターとは 〜親子の人生を支えるパートナー 〜

あなたのご家族にぴったりのベビーシッターを見つけませんか?
女の子 ベビーシッター

ベビーシッターとは 〜親子の人生を支えるパートナー 〜

2019-06-13

ベビーシッターとは

ベビーシッターとは、外出などで不在の両親に代わり、子どものお世話をするサービスに従事する人のことを言います。

依頼先は、ベビーシッター派遣会社やマッチングサービス、個人契約がほとんど。

施設での集団保育ではなく、子どもの自宅において個別保育を行うのが基本です。

(※習い事の付き添いや保護者の職場のように自宅外の場合もあり)

ふだんの生活スタイルを崩さずに、居心地のよい自分の部屋で、いつもの遊びを楽しみながら両親の帰りを待つことができるため、子どもにとっては留守番のストレスが最小限で済み、親にとっては送迎の負担もなく、勝手知ったるわが家に居てくれるので安心安全。

各家庭の事情に寄り添いながら、子どもひとりひとりの個性に合わせた保育を行なえることも最大の魅力でしょう。

「人間性や人柄」も重要な資格

ベビーシッターは、「保護者代行」としての自覚と責任感を持ち、子どもを安全に保護することを第一としながら、食事や睡眠、入浴や排泄のサポートといった生活に必要なケアを滞りなく遂行します。

その上で、子どもにとって楽しい時間を提供するのも大切な役割。お預かりするお子さんをよく観察して耳を傾け、好きなことや特性をつかみ、夢中になれる遊びを探すのです。

そのため、ベビーシッターの保育においては、技術や知識よりも、第一に人柄や人間性。さらにコミュニケーション能力や判断力、気遣いや優しさといった要素が重要になります。

家庭に深く関わることから親との対話も多く、マニュアルでは身につけることができない1対1のコミュニケーションに長けた人が多いのも特徴です。

これによって、見知らぬ他人に子どもを託す保護者の不安や罪悪感を軽減し、子育ての悩みを共有しやすい雰囲気をつくります。

「習い事シッター」も人気傾向

また、幼稚園・保育園が行う集団保育とは異なり、1人の子どもとじっくり向き合える時間があるのが、ベビーシッターのメリット。

これを生かして、最近では子どものケアと同時に、英会話やピアノ、ヴァイオリンといった、習い事を同時に頼むことができる専門性の高いシッターの人気も高まっています。

家事代行サービスを組み合わせたシッターサービスを提供する会社も出てきており、共働きが増加の一途をたどる現代家庭の多様なニーズを反映させながら、ベビーシッターの仕事の幅は年々広がりを見せていると言えるでしょう。

 

ケアファインダーのバイリンガルベビーシッター

ちなみに、バイリンガルベビーシッターサービスのケアファインダーにも、習い事、とくに語学のレッスンを頼むことができるベビーシッターがたくさん所属しています。

世界60ヵ国からの出身で、英語はもちろん、中国語、韓国語、フランス語、ロシア語など、さまざまな言語を話すことが可能なシッターが集まっているからです。

ご両親はストレスフリーな状態で、保育と同時にお子様が第二言語に触れる機会を増やすことができるようお手伝い。

バイリンガルのベビーシッターを雇うことで、子どもが楽しみながら第二言語を習得する機会を得るのみならず、ベビーシッターからの影響によって、複数の言語を話せる面白さや楽しさが伝わって、良いモチベーションを与えることができますよ。

個別保育に特化したベビーシッターは、パパや祖父母といった身内と同様、あなたの子育てプロジェクトのチームメンバーのひとり

相性ぴったりのシッターと出会って深い絆を築くことができれば、きっと人生を支える良きパートナーになれるはず。

まずは、たくさんのベビーシッターと出会うことから始めましょう!

今すぐ登録してケアファインダーのすべてのサービスをフル活用!
あなたのご家族に最適なベビーシッターを探しましょう!