べビーシッターを迎えるための準備のヒント

あなたのご家族にぴったりのベビーシッターを見つけませんか?
べビーシッターを迎えるための準備のヒント

べビーシッターを迎えるための準備のヒント

2019-10-11
ご家族に合ったベビーシッターを見つけるのは最も大変なことのように思われるかもしれませんが(私たちは可能な限り簡単にしたいと考えています。詳細は こちらから) 、実際にシッターと仕事を始める前の準備は、特に初めてのご両親にとっては大変なことだと思います。
 
皆さんやケアファインダーが入念に確認しているとはいえ、初めてお子さんを他の人に預けるというのは緊張しますよね、しかし、気持ちを落ち着かせるために簡単にできることがありますので、すべてがスムーズに進むように、ベビーシッターとお子さんに向けた準備をしてみましょう!
 
 
シッター向けの準備 
家族の情報を共有する
仕事中に使用する可能性のあるご家族の基本的な情報を、すべてシッターに提供しましょう。家の住所やお子さんの名前、年齢やアレルギーの有無、薬やスケジュールの概要に至るまでのすべてです。情報を共有することで、ベビーシッターは必要とする最も重要な情報が一目でわかるようになります。共有すべき情報については、こちらの概要をご覧ください。
 
家の情報を共有する
冷蔵庫のドアはギリギリまで閉めないと動かなくなりますか?エアコンについているボタンの意味は何でしょうか?お子さんが立ち入り禁止の部屋はありますか?主要な家電製品がどのように動作するのか、触れてはいけないものがあるかどうか、家自体がどのように機能するかについての注意事項なども説明する時間をとりましょう。
 
緊急時に備える
緊急時の連絡先(近所の人や家族、医師やその他医療上必要なもの)のリストを簡単に入手できるようにしておきましょう。可能であれば、あなたへの連絡方法も複数(例えば、電話番号、メッセージ、メールなど)準備しましょう。シッターに家の中を案内する際には、すべての消火器や救急箱、緊急時に必要なものを示しておきましょう。また、緊急時の連絡手段や避難計画についての情報も提供すべきです。
 
 
お子さん向けの準備
お子さんに知らせる
お子さんもシッターとの面接に参加していて、すでに交流が始まっている場合でも、シッターを利用する際はお子さんに事前に知らせるようにしましょう。シッターサービスの日程が皆さんが外食している間の毎週木曜日の放課後や土曜日の夜であろうとなかろうと、シッターが来る前に(前日あたりが有効)、お子さんが準備をするためにも伝えるようにしましょう。
 
ルールを確認する
猫がいないとネズミが暴れてしまうかもしれません!ベビーシッターがお子さんをお世話している間にも、ご家庭のルールが十分に適用されることをお子さんにしっかりと確認しましょう。お子さんにシッターへルール説明をさせることもできます。この方法だと、お子さんが期待されている行動を理解しているかどうか、皆で確認ができます。
 
お子さんを責任者にする
お子さんをシッターのツアーガイドにしてみましょう。お子さんに家の中を案内してもらい、家のルール(上記のような)を説明したり、お子さん自身の好きな活動やゲーム、スケジュールを説明してもらったりします。シッターが来ることの到着をお子さんに認識させるだけでなく、ベビーシッターへの紹介を担当させることで、子どもたちに状況をコントロールする意義を与えます。
 
短くてもあたたかい別れの時間を
シッターにお子さんのお世話を引き継ぐ際、お子さんが気を取られている間に親御さんがこっそりと裏口から出かけることは、お子さんが大騒ぎせずに親御さんが外出できる最も簡単な方法に見えるかもしれません。しかしお子さんは最終的にはあなたがいなくなったことを認識し、きちんとしたお別れをしなかったことで、かんしゃくを起こしてしまう可能性があります。特に小さなお子さんの場合は、短くてもあたたかい別れの時間を数分設けることが最善の方法といえるでしょう。お子さんはすねてしまうかもしれませんが、あなたがいなくなることを正式に認めるために時間を取ることは、突然いなくなってしまう行動よりも、一般的にはうまくいきます。
今すぐ登録してケアファインダーのすべてのサービスをフル活用!
あなたのご家族に最適なベビーシッターを探しましょう!