あなたのご家族にぴったりのベビーシッターを見つけませんか?
オンラインレッスン アクティビティ 最大限 活用

子どものためのオンラインレッスンやアクティビティーを最大限に活用する方法

2020-05-27
日本全国で緊急事態宣言が解除された一方で、オンライン学習は定着しつつあります。学校は教室での授業を今後は調整する意向ですが、新型コロナウイルスに対しての医療治療なしでは、多くの家族が(当然のことながら!)家庭教師やベビーシッターを家に招くのを躊躇するでしょう。
 
良いニュースは、オンラインで提供しているサービスが過去のものよりも今日のもの方がよりよくなってきているということです。先生は本の読み聞かせで子どもたちを囲むコツを掴んできています。家庭教師も語学学習を手助けするデジタルツールを見つけています。私たちは皆、すぐに対面での教育やエンターテイメントが完全に戻ってくることを望んでいますが、その間はこういった手助けを得られることを嬉しく感じています。
 
私たちは皆さんのご家族が豊富なデジタルコンテンツをうまく利用し続けるために、オンラインで学ぶ機会を最大限活用する方法をまとめました。
 
1. 鍵になるのは双方向性
お子さんを楽しませたり教育したりする手助けとして使えるオンラインのコンテンツは、本当に豊富にあります。しかし大部分が子どもたちからのフィードバックを必要としないレッスンやアクティビティーなど、一方的なものです。これらは子どもたちの気をしっかりと「散らしてくれる」一方で、子どもたちを長期間サポートする選択肢ではありません。特に語学学習においては、相互の関係が重要です。一対一、もしくは小グループであるかどうかに関わらず、子どもたちが活動の一部に参加できるようなオンラインリソースを探すようにしましょう。
 
2. 子どもの目と耳の健康を考える
長時間スクリーンをみていたり、ヘッドフォンをつけていると、子どもの体に影響を引き起こしてしまいます。オンライン学習が引き起こす心理的な疲労に加えて、お子さんは身体的にも疲れてしまうでしょう。目への負荷を和らげるために、お子さんに20-20-20 のルールを採用してみましょう。20分ごとに20フィート(6メートル)先の何かを20秒ほど見つめて過ごすものです。長時間ヘッドフォンをつけている子どもにとってこちらのニューヨークタイムズの記事はいくつかの重要な考察を含んでいます。また音量を大きくする必要なしにはっきりと聞こえるようにするために、ノイズキャンセリングのヘッドフォンの購入を検討してみてもよいかもしれません。
 
3. スケジュールを立てる
もし立て続けにズーム会議のコールを受けたら、スクリーンタイムにうんざりしてしまうのはご存知の通りでしょう。そしてそれは子どもたちにとっても同じです!終日のオンライン学習は体力や精神力を消耗させてしまう独特の影響をもっています。 デジタルレッスンやアクティビティーをいくつ計画しているのか、また何時に計画しているのかをしっかりと把握するようにしましょう。まだ昼寝をする年齢の幼い子どもたちにとって、遅い午後はあまりうまくいかないものです。ですが早朝はきっとプライムタイムのような最も適した時間になり得るでしょう。
 
4. 実生活を補完するアクティビティーとして捉える
ベストなオンラインセッションも同然ですが、それらを実生活のアクティビティーを完全に補完するものとは捉えるべきではありません。お子さんには遊んだり周りと交流したりする必要がまだあります。こちらの豊富なリストは、子どもを(そしてあなたも!)外に行かせたり、アクティブにさせるものを多く含んだアイディアを紹介しています。子どもたちがオンラインで学んだことを補完するオフラインのプロジェクトがあるかどうか、先生に聞くこともできるでしょう。
 
5.適度な期待を抱くようにする
お子さんがオンラインで学んだり遊んだりする際にあなたができる最も重要なことは、現実的であることです!おそらく子どもたちがズーム(最良の時期に集中力が不確かな幼い子どもは特に)をしたくない時もあるでしょう。新しいコンセプトを学ぶというのは、オンラインではより難しいとわかるでしょう。しかしそれは不可能という意味ではありません。子どもたちに時間を与える準備をすることが必要です。私たちは皆この状況を最大限に活用できるように全力を尽くしています。そしてお子さんたちもそうであることを覚えておいてください!
 
今すぐ登録してケアファインダーのすべてのサービスをフル活用!