あなたのご家族にぴったりのベビーシッターを見つけませんか?
首都圏近郊でも楽しめる!おすすめの外遊びスポットやアイディアまとめ

首都圏近郊でも楽しめる!おすすめの外遊びスポットやアイディアまとめ

2020-10-01

少しずつ秋らしい天気になり「そろそろ外で遊びたいな」とお考えのご家族も多いのではないでしょうか。今年は新型コロナウイルス感染症の影響をうけ、お子さんを取り巻く環境も大きく変わっています。外遊びは、そんなお子さんのストレス発散や運動不足の解消にもつながるはずです。そこで今回は、おすすめの首都圏近郊の外遊びスポットやアイディアをご紹介します!

ハイキングで秋の自然と触れ合おう!

景色を楽しみながら自然と触れ合えるハイキングは、人との距離もしっかりと確保できる、おすすめの外遊びのアクティビティーのひとつです。首都圏近郊には、ハイキングスポットなども多く点在しています。例えば神奈川県の鎌倉市には、自然や歴史を楽しめるハイキングコースが整備されています。秋の青空に映える鎌倉の大仏を見たり、竹で有名な報国寺を訪ねたりと、様々な楽しみ方ができるはず。現在は台風の影響で一時的に運行できないコースもありますので、最新の情報はこちらからご覧ください。

神奈川県秦野(はだの)市にある弘法山公園(弘法山)には、標高200メートル程度の低い山を縦走する、登山初心者にも優しいハイキングコースがあります。コースの途中には富士山がみえるスポットもありますので、ぜひお弁当などを食べながら、一息してみてください。

また、東京都の奥多摩にある御岳山は、パワースポットの宝庫としても知られています。山頂にある武蔵御嶽神社のほか、清流やコケが美しいロックガーデンの周遊コースなど、四季折々の表情を楽しめる点も人気のポイントです。 茨城県の筑波山は「西の富士、東の筑波」と呼ばれており、富士山と並んで称されることが多い山です。日本百名山の中でも標高が低いため、気軽にご家族で登山が楽しめる山としても人気を集めています。

 

都内でも楽しめる!親子一緒にサイクリング

お子さんも自転車に一緒に乗れるようになったら、ご家族でサイクリングに出かけてみるのはいかがでしょうか?現在は必要な時間だけレンタルできる自転車シェアリングのサービスも広まっており、気軽にサイクリングを楽しむことができます。

東京都内にはサイクリングや外遊びを思い切り楽しめる公園もあります。今のような気持ちの良い季節ですと、お弁当やお菓子をもってピクニックをするのもおすすめです。中野平和の森公園には、お子さんが思い切り走り回れる広い草地広場のほか、犬用の広場なども整備されています。ペットと一緒にご家族全員で遊べるおすすめのスポットです。

若洲海浜公園&江東区立若洲公園は、東京港を眺めながらサイクリングが楽しめるスポットです。サイクル広場には、アンパンマンカーのような乗り物も整備されているので、小さなお子さんがいるご家族にもおすすめです。

また、一般社団法人の自転車産業振興協会は、毎週日曜日に皇居外苑の周辺でサイクリングのイベントを開催しています。普段は車道となっている区域を、特別に自転車用に開放するイベントです。往復3kmのコースでは、皇居のお堀の水や松の緑といった、まさに都会の自然をたっぷりと満喫することができます。 今後の新型コロナウイルス感染症の影響や天候によっては、イベントが休止になる場合もありますので、最新の情報はこちらからご確認ください。

 

家族で一緒に自然を学ぼう!

お子さんが自然や動物に興味を持つようになったら、学習につながるお出かけスポットに出かけてみてはいかがでしょうか。

園内に里山や森林、干潟といった多様な環境をもつ東京港野鳥公園では、野鳥や水辺の生きものの生態を学ぶことができます。同公園では双眼鏡の貸し出しサービスを実施しているほか、授乳室も完備されていますので、小さなお子さんと一緒の場合でも安心してお出かけが できます。

附属自然教育園は、まさに「都会のオアシス」のような森林緑地です。園内の植物に種名の表示板や解説板が整備されているので、公園を歩きながら自然への理解を深めることができます。展示ホールでは、自然教育園の歴史や園内の調査の記録が学べる展示なども行っています。

足立区生物園は、昆虫から魚、両生爬虫類や哺乳類まで、様々な生きものが集まる動物園です。生物園ではソーシャルディスタンスを確保するため、現在は人数制限を行っています。1年中さまざまなチョウが飛んでいる大温室や、 動物と触れ合える屋外スペースでは、小さなお子さんも楽しめること間違いなし!

 

近所の公園で外遊びを楽しもう!

秋には落ち葉やどんぐりなど、子どもが興味を持つ自然のアイテムもたくさんゲットできます。松ぼっくりを集めて工作をしたり、落ち葉で焼き芋をしたりすると、秋ならではの思い出ができそうですね。

例えばどんぐりに似顔絵を書いて遊んだり、やじろべえやコマなどオリジナルのアイテムを作ったりするのもおすすめです。これからの冬シーズンに向けて、松ぼっくりにビーズやスパンコールをつけて、小さなクリスマスツリーをつくるのも良いかもしれません。保育や子育て情報を掲載する「HoiClue」には、他にも様々な工作や遊びのアイディアが掲載されています。

自然の光や風に触れることは、幼少期の教育にとても重要です。家の中では感じることができない刺激が、外の世界にはたくさんあります。何よりご両親も一緒に外遊びを楽しむことで、日々のストレス解消にもつながることでしょう。 ぜひ気持ちの良い秋だからこそ、外でご家族の時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?

今すぐ登録してケアファインダーのすべてのサービスをフル活用!