あなたのご家族にぴったりのベビーシッターを見つけませんか?
ケアファインダー 安全 責任

ケアファインダーの安全への責任について

2020-06-14
ベビーシッターのマッチングサイトを運営する大手企業のシッターがわいせつ容疑で逮捕された事件をうけ、ケアファインダーは皆さんに私たちのサービスの安全性と満足度についての責任について、この度明確に言及させていただけたらと思います。2人の小さな子どもの親として、そして日本にいるご家族に質の高い育児の選択肢を長年提供してきたプロフェッショナルとして、私たちはケアファインダーが信頼できるサービスであることを確保するために誠心誠意を尽くしております。
 
従来のシッター派遣会社 とは対照的に、私たちはマッチングサイトは皆さんにとって手頃な価格でそれぞれのニーズに最も適したシッターとご家族を結びつけるものだと信じています。そのためケアファインダーのコミュニティ内では、共に働くことを許可しているシッターらについてとても真剣に考えています。私たちは家族経営の資源も限られた小さな会社として、信頼性に敬意を表し、急速な成長に先立って熟考しながら慎重に検討を進めてきました。
 
ケアファインダーへベビーシッターとしての登録を希望するすべての人に対して、複数のステップを伴う面接とオリエンテーションを行っています。例としては下記の通りです。
 
  • ケアファインダーのチームによる一対一のインタビュー
  • ケアファインダーのベビーシッターのガイドラインの策定と徹底的な見直し
  • 政府へのベビーシッター登録
 
ケアファインダーのベビーシッターは育児の経験がなくてはいけないですし(職業として、もしくは自身の子どもを育てた経験など)、外国籍の場合は日本で働くことを許可する有効なビザを保持していなくてはいけません。私たちのコミュニティへのベビーシッターの参加を許可する前に、すべてのケアファインダーチームが査定のプロセスに関わっており、すべてのチームが同意しなくてはいけません。私たちの条件に見合わなかったシッター、もしくはチームがあまり適さないと判断したシッターは承認されません。  
 
ケアファインダーのコミュニティーにシッターが公式に参加したら、私たちのチームから頻繁に連絡が届くようになります。私たちは健康や安全性、そして保育の最善の実践についての情報を定期的に送ります。また彼らの最初の仕事についてなど、定期的に連絡を取るために個々のシッターを確認しています。 
 
能力があり信頼できると私たちが信じたシッターを登録するために多くの労力を費やすなかで、私たちはお子さんのことに関しては、特に気をつけることが最低限のベースラインであると感じています。例えば私たちは自社内部のメッセージシステムで、ご家族とシッターがすべての会話をすることを求めています(たまに例外はありますが)。私たちは下記のような複数の理由から、このようなシステムを導入しています。
 
何よりもまず、こういった会話をモニタリングする能力が私たちのコミュニティーのすべての人の安全性を確保するからです。万が一メッセージで不適切な会話が行われた場合、私たちはプラットフォームへのアクセスを取り除くなど迅速に行動できます。メッセージの確認はシッティングの仕事の前や最中、そして後に問題が発生してしまった場合、その内容を確認したりサポートを提供することもできます。さらに私たちが加入している賠償責任保険では、ケアファインダーのプラットフォーム内で仕事が調整され、同意されることを条件としています。もし保険金の請求が認可されたら、メッセージシステムは立証になります。 
 
すべてのベビーシッターは私たちがメッセージを定期的に確認するアクセスがあり、実際に確認していることを認識しています。またケアファインダーがオフラインでのメッセージ(プラットフォーム外でのメッセージ)は全く容認していないことも確認しています。明るみになる不適切なふるまいやコミュニケーションにも、私たちは同様のアプローチをとっています。ケアファインダーのルールを守らないシッターや私たちが大切にしているものを活かさないシッターは、プラットフォームから追い出しています。
 
私たちの徹底した承認プロセスから、現場やシッターをモニタリングする一貫した積極的な方法まで、ケアファインダーのチームは私たちのコミュニティーが安全性やサポートされているという気持ちを感じられるように多くの時間を費やしています。そして私たちは現状のプロセスを改善するための追加の手段についても、いつも考慮しています。
 
しかしながら私たちは政府がより多くのことをすべき必要があると信じています。現在、マッチングサイトは将来的にベビーシッターになり得る人の犯罪歴調査を実施できません。また性犯罪者のデーターベースもありません。違反者の確認や説明責任のためのこうした方法を策定することは、ケアファインダーのような会社に安全な環境をつくるための追加のツールを与えてくれるでしょう。 
 
またマッチングサイトも責任を引き続き持ち続けなくてはいけません。ベビーシッターに対する性的な暴力の申し立てに応えて、事件を起こしたマッチングサイトの運営会社は男性シッターによる新規予約受付を中止しました。誰が育児に関する専門職へのアクセスを認められるべきかという差別的で時代遅れのステレオタイプを増長してしまうことに加えて、私たちはこのアプローチがプラットフォームを利用するご家族にとって、とても有害であると考えています。男性のベビーシッターはお世話をする子どもたちにとって、とても重要なメンターになり得ます。私たちはこのことを直に経験してきました。弊社のCOOであるTrevor(トレバー)はおよそ30年前に2人の子どものベビーシッターをしており、今日でもまだ連絡を取り合っています。そして私たちは私たちのコミュニティ内のこういったつながりのポテンシャルを、決して制限はしないでしょう。
 
さらに無批判に1つのグループの参加を禁止することは、そもそもこういった暴力が起こり得てしまうという基本的な問題に十分に対処していません。 
 
私たちはベビーシッターがご家族にとって、とても有益なサービスを提供すると信じています。ご両親が離れている間に注意深くいることに加えて、彼らはロールモデルとして、そして先生や仲間として業務に携わります。ケアファインダーコミュニティの多くのご家族やシッターは、お互いに働きながら強い関係性を築き上げています。それこそが私たちの望みであり、私たちのプラットフォームを利用するすべての人々が、たった一晩もしくは長期間一緒に働くかどうかに関わらず、意味のある関係を築けると思うのです。
 
私たちはご家族がベビーシッターと働くうえで何か質問があったり不安なことがあれば、私たちのチームに連絡することをいつも促しています。どのようなニーズに対しても皆さんや、皆さんのご家族をサポートするために私たちはここにいるのです。
 
今回発生してしまった事件を聞くと本当に心苦しく、被害にあったご家族や関係者の方々に深くお見舞い申し上げます。私たちは大事なお子さんのケアを任せる人を信頼できることがどれだけ重要かを知っています。ケアファインダーでは皆さんのために、できる限りのすべての予防措置を実施していきます。
今すぐ登録してケアファインダーのすべてのサービスをフル活用!