Welcome to Resources

ご利用ガイド

あなたのご家族にぴったりのベビーシッターを見つけませんか?
幼保無償化の対象シッターとなるためには?

幼保無償化とは?

2019年10月より、3~5歳児クラスの幼稚園、保育所、認定こども園等の利用料が無償になりました。また、保育の認定を受けたご家族の方はベビーシッターなどの認可外保育施設を利用する際も月額3.7万円まで無償となります。

https://www.youhomushouka.go.jp/about/

 

保護者の方が必要な手続きとは?

保護者の方がベビーシッターなどの認可外保育所を無償化として利用するためには、保護者の方がお住いの自治体で保育の必要性の認定を受ける必要があります。保育の必要性の認定とは親が就労や病気などのため保育が必要な理由と共に保護者の方がお住いの自治体に申請し、認定を受けると認定通知書が発行されます。

 

*もし、認定を受けられそうなご家族をご存知で、そのご家族が手続きに関してご不明な場合は、ケアファインダーまでご連絡いただくようにお伝えください。

 

ベビーシッターが必要な手続きとは?

ベビーシッターが無償化の対象となるためには、ベビーシッターの方がお住いの自治体に無償化の確認申請(特定子ども子育て支援施設等確認申請書の提出)を行う必要があります。この確認申請の手続きについては、ケアファインダーにてお手伝い致します。

申請後、確認を受けたシッターの方には自治体より確認の通知が届きます。通常、2週間程度で通知されます。

 

保護者が無償化の給付を受けるための手続きとは?

ベビーシッターが保育を提供した証明として、シッターは、保護者の方に各シッティング終了後に、ご家族の方が認定を受けた自治体の「特定子ども・子育て支援提供証明書」を発行する必要があります。こちらの記載方法についてもケアファインダーでサポート致しますので、ご安心下さい。

保護者からのシッティング代の受け取りは、オンライン決済で通常通り受け取って下さい。保護者の方の支払いの証明は、保護者の方がマイケアファインダー内の支払い明細を上記証明書とともに提出することで可能となります。

これらを保護者の方がお住いの自治体に提出すると後日還付を受けられます。

 

ベビーシッターが無償化の確認を受けるための必要な要件とは?

お住いの自治体に居宅訪問型保育事業の届出を行っていることです。(これはケアファインダーでの面接時にみなさんが行っているものですので、ご安心下さい。)

また、(日本の)保育士または看護師の資格を持たない方は5年の猶予期間の間に国が認めた20時間程度の研修を受ける必要があります。しかし、現在、全国的に充分な研修は開催されていなく、かつ英語での研修も皆無のため、政府はオンライン研修などの導入を検討しています。ケアファインダーも自治体などと情報共有し、研修が必須となる際には英語での研修の実施などの協力を進めていく予定です。

 

ベビーシッターに必要な費用はありますか?

ありません。ただし、必要な書類提出などの手続きをお手伝いするため、必ずシッティング代はオンライン決済でお願いします。オンライン決済でのあなたへの支払い金額や稼働時間などの情報は、ケアファインダーから国に報告することはありません。

今すぐ登録してケアファインダーのすべてのサービスをフル活用!