あなたのご家族にぴったりのベビーシッターを見つけませんか?

ベビーシッターの都道府県への届出義務をご存知ですか?

2018-10-02
みなさんは、ベビーシッターマッチングサイトなどで活動する、フリーランスのベビーシッターも、認可外の居宅訪問型保育事業として、各都道府県知事等に届出が必要なことをご存知ですか?
 
これは新しい制度で、ケアファインダーは全ての登録ベビーシッターがこの制度に則り、届出を徹底していることを確認している数少ないマッチングサイトのひとつです。ケアファインダーでは、外国人のベビーシッターもこの届出をきちんと行えるように確認しています。
 

しかし、国はなぜこの個人シッターの認可外の居宅訪問型保育事業の届出制度を始めたのでしょうか?

 
厚生労働省は、平成27年4月から、保護者が安心して保育を利用できるように、個人で活動するベビーシッターにも認可外の居宅訪問型保育事業の届出制度を開始しました。これにより、法人・個人の別、事業の規模にかかわらず、全てのベビーシッター事業者の届出が義務付けられました。
 
この制度が導入される前は、日本でベビーシッターとして働くためのルールや、インターネットでのベビーシッターマッチングサイトに対する規制は存在せず、誰でも身分証などの確認なしでインターネットを通してベビーシッターとして活動できるような状況でした。この新しい規制により、ベビーシッターには、届出に加え、定期的な運営状況報告、事故などが起こった際の報告が義務付けられました。また、ケアファインダーのようなベビーシッターの仲介サイトにもガイドラインが設けられ、登録時に全てのベビーシッターの身分証などの確認を行うことや、複数登録の禁止対策などが定められました。あわせて、厚生労働省は、ベビーシッターらに安全対策のための取り組みの実施、保育の質の向上を呼びかけています。
 

ケアファインダー の安心安全への取り組み

 

登録ベビーシッターらの各都道府県への届出の徹底に加え、ケアファインダーではいくつもの厳しい内部プロセスを設け、ご家族への安心をご提供しています。
 

ベビーシッターの登録プロセス

ケアファインダーでは、ベビーシッターであれば誰でも簡単に登録できるわけではありません。全登録ベビーシッターひとりずつと丁寧に個人面接を行うことに加えて、外国人は就労許可の確認、各都道府県へのベビーシッターの届出など、厳しい審査を通過した方のみの登録を許可しています。ケアファインダーに適していない人材は、お断りしております。
 

賠償責任保険への加入

ケアファインダーでは、東京海上日動火災保険の賠償責任保険に加入しております。ケアファインダーを通して成立したシッティング中に発生した万が一の対人、対物事故について対応しておりますので、更に安心してお使いいただけます。
 

ケアファインダーが最も大切にしているのはご家族の安心安全です。

 
ケアファインダーでは、夜だけの単発のベビーシッター、国際色豊かなベビーシッター、ホテルで保育可能なベビーシッター、週末のベビーシッター、オペアや夏の間だけのベビーシッターなど、あなたのニーズに合ったベビーシッターと出会えます。ベビーシッター探しを開始していただくために、ぜひケアファインダーにご登録下さい!
今すぐ登録してケアファインダーのすべてのサービスをフル活用!